良い脂肪と悪い脂肪について

分子栄養学

「脂肪」といえば悪いイメージしかありませんね。

しかし何度でも言いますが、摂った脂肪がお腹につくのではなく、摂り過ぎた糖がお腹周りの脂肪に変わるのです。

ウソだと思ったら1日3回食べている主食をやめてみれば、一目瞭然なので1週間お試しください。

 

さて、今回の本題は「良い脂肪と悪い脂肪」について。

実は本当にヤバイのはトランス脂肪酸くらいのもので、他の脂肪は少なからず必要です。大切なのはバランス。

フツーに現代で生きてたら「1:1」は無理ですが、それでも「1:3~4」くらいに落ち着くといいといわれています。

ただ、スーパーで売ってる安い油や外食で使われる油はほぼオメガ6なので、現代人が「1:10〜25」くらいになってしまうのは結構仕方ないともいえます。

 

現代に逆らってでも「1:3〜4」を目指すべき人はどんな人か。

それはアトピーや花粉症などのアレルギー疾患に悩んでいる人なんです。

なぜなら、オメガ6は炎症を促進する作用があり、オメガ3は炎症を抑制する作用があるから。

「すべての慢性疾患は過剰と不足からしか起こらない」という原則は、とくに脂肪に当てはまるのです。

 

脂肪のむずかしいところは、ビタミンやミネラルのように代謝に働きかけるものではないため、即効性がないこと。

オメガ3のサプリを飲んでもすぐに鼻水が止まったり肌質改善を実感するケースは少ないです。

 

そもそも、

  • 精製糖質を減らす
  • ストレスを減らす
  • ビタミンB群の充足
  • 薬や抗生物質の除去

このあたりができていなければ、せっかく高価な油を買っても効果は相殺されてしまうのでお気をつけください。

 

ただし、オメガ3もオメガ6も、カラダではつくることができない必須脂肪酸。

ヒトがヒトである限りは摂取しないと遅かれ不具合が出てくるので、この1週間で青魚・えごま油・亜麻仁油を一切摂っていない人は、すぐにルーティンに入れましょう。

面倒で手間をかけられない人は、オメガ3サプリでDHAとDPAを補うのもアリです。ぼくはそうしています。

90日間カラダ再生プログラムでの改善例

薬と病院に媚びないカラダをつくる体質改善プログラムで、人生を劇的に好転させてみませんか? 体質改善の一歩を踏み出す最良の日は、人生でイチバン細胞が若い今日このときなのです。  

健康を後回しにするの、もう終わりにしませんか?

あらゆる手段を尽くしても、症状を改善できなかった方。

個別カウンセリングを受けてみませんか?

無料オンライン相談会では、症状を詳しくお聞きした上で、 最短で体質改善するためのステップを詳しく解説します。

90日間カラダ再生プログラムにご興味おありの方は、お気軽にご相談ください。

 

コロナ収束まで〝56.7%OFF〟で販売中!!

「ダラ見でわかる分子栄養学 -赤-」の内容(5時間54分)

第1章…分子栄養学とは
第2章…五大栄養素について
第3章…現代人あるある病
第4章…バイオロジカル検査
第5章…最速で症状を治す三原則


「ダラ見でわかる分子栄養学 -緑-」の内容(5時間58分)

第1章…慢性症状が起こるメカニズム
第2章…血液検査の読み方
第3章…サプリの効果的な使い方
第4章…分子栄養学を活かす食事術
第5章…全症状に共通する治療法

コロナ収束までの特別価格
ダラ見でわかる分子栄養学講座 赤+緑 ¥29,800¥12,907

(「90日間カラダ再生プログラム」の参加者様には無料提供しています。)

自宅で過ごす時間が有り余っている今こそ、知識をアップデートして有意義に過ごしましょう。

コロナが収束するまでの間だけ、コロナにちなんで「56.7%OFF」で提供いたします。

コロナが収束したら通常価格に戻しますので、今のうちにご購入を検討ください。

(現在「赤」「緑」の単品販売はいたしておりません。)

言えないこと吐いてます


月1杯のラーメン代で読めるメルマガやってます。
健康関連のハナシは、あまりおおっぴらに言えないことが多すぎて・・・。

購読と同時にもらえる特典は、8つあります。
  1. 2週間の血糖値徹底追跡レポート
  2. 2週間の血糖値徹底追跡全データ
  3. 沖縄県北部の戦前の1年間献立表
  4. 暴飲暴食後の3日間回復食プログラム
  5. 冷えを冷やして治す温冷浴の全作法
  6. 957品目糖質量一覧表
  7. 663品目食物繊維量一覧表
  8. 分子栄養学カウンセラーが教える断食の教科書 -新装版-
※300人くらいに配ったら予告せず終わります!!